自分で企画中です

フリーランスになり、頭をまっさらにして一生の仕事にできそうな

プロジェクトを検討して、自分なりに答えが出た気がします。

 

小さい頃からの記憶、本当に好きなこと、世の中でまだないもの、

そういった事柄が弱いですが、結びついている気がします。

 

どんな未来が待っているかわかりませんが、

「Project Eight」と勝手に命名しました。

 

一刻も早くみなさんにお見せできるよう、頑張ります。

よろしくお願いします。

無料メルマガがスタートしました!

前回の投稿で告知した「無料メルマガ」の配信が今週から始まります。

 

タイトルは

「今日から役に立つWEBマーケティング対談」

です。

 

新人編集スタッフの「はるちゃん」さんと私の対談形式で進みます。

是非購読を宜しくお願いします。

 

スタンドは「まぐまぐ」さんです。会員登録しなくても購読できると思います。

http://www.mag2.com/m/0001680298.html

 

よろしくお願いいたします。

退社してフリーランスになりました

7月20日付けで勤めていた会社を退職し、翌21日からフリーランスとしてスタートしました。

 

フリーランスと言っても現時点では無職・自由業とそう大して変わりない状態です。本格稼働は8月からですが、いてもたってもいられず、パソコンに向かい開業準備を進めています。

 

その一つが無料メルマガを開始すること。現在配信開始前の審査中なので、承認が終わったらこのブログでも紹介します。無料メルマガを過去取っていたこともあるんですが、配信が多すぎても逆に印象が悪くなり解除したくなったりするので、とりあえず週1回の配信でスタートさせてみます。

 

話題のVALUも、会社員をしながらだとMY VALUの発行は二の足を踏んでいたんですが、フリーランスになったので、堂々と発行申請してみました。しかしビットコインの方で分裂危機が発生していて、8/1から、場合によってはもう少し前から、取引が停止になるようです。その煽りを受けてMY VALUの発行開始や取引開始が遅れたり、ビットコインの価値が大幅に下がったりする事態が起きるかもしれないので、状況を注視しています。

 

「多動力」が僕に教えてくれたこと

既に発売から相当な日数が経過していますが、「多動力」は発売日当日に一気に完読した後、このブログでどう書くか、ずっと考えていました。

まずこの本はこれまでの本の常識を変えています。

というのも、これまで本を読む読者の満足度は、小説で言えば重厚長大なストーリーほど高まります。お金を支払った対価としてストーリーが長く密度が濃いものを望みます。

ですが「多動力」は編集者の箕輪さんが言う通り”スマホ時代の本”になっていて、普段スマホにらめっこしている人がこの本を読んだ時に耐えられるよう、端的に言いたいことを言うように意識して構成されています。なのでどんどん読み進められます。

また、この本は多くのサラリーマンが無意識に受けている洗脳を解こうとしています。

個人的に電話の話は大賛成で、職場で集中して作業している時に電話がなり、それが大した案件出なかったりすると不愉快な気持ちになります。僕はそれをわかっているので、重要でない話はメールで済ませたり、会った時についでにしてしまう(それすら不要かもしれません)のですが、全く意識せず、軽い案件を「メールで書くより楽だから」とか言う理由で電話する世代は今後時代の流れについていけなくなるでしょう。

そして最後に、この本は読んで終わりではありません。

自分も含め、読んだ後必ず行動を起こさずにいられません。堀江さんも「Just do it.」と書いているように、この力は持っているだけでは何も変えることができません。とにかく行動、実行するのです。本を読み1ヶ月近く経った上であえてこの本をレビューすることにしたのは、読んですぐではなく、実行してから書きたかったのです。

何よりこの本は僕に「頭でウーンと考える時間より実行」「1日をワクワクで埋め尽くす。やりたくないこと、やっても面白くないものは他人にやってもらう」など、たくさんの学びがありました。

さっと読めてしまいますが、得られることはすごく多い本です。

森川亮「シンプルに考える」を読んで

前LINE社長として著名な、C Channel社長の森川さんの著作、

「シンプルに考える」を読みました。

発売は2年前ということで、結構前ですが、スマホの普及が進んだ

今でも参考になることがたくさんあります。

 

LINEで取り組んだことをは、まず、優秀な社員の邪魔をしない。

余計なルールを作ったり、スピードが遅くなるものを排除する。

森川さんはそれをサッカーのフォワードに例えて表現されています。

日々ユーザーに接しプロダクトを磨き続けることを目指す彼らにとって

邪魔な「経営理念」の押し付けやルールを減らすことで、

最も重要なユーザーへの価値提供をより早くよりクオリティの高いものを

出していくことができるという考えです。

 

また、そのためには会社の文化も率直な意見をぶつけあえるようにします。

成果評価を年功序列を排除した制度に変えた時など、社内でも反対が多かった

こともあったそうですが、経営者としてそれが正しいと信じてやりきる。

 

社員の立場で読んでも経営の立場に置き換えて考えてみても、

痛いところを突きながらも本質を追求してまさに「シンプル」に成功を目指す。

それが森川さんのスタンスなのだと思いました。

ホテル予約横断サイト「trivago」について思うこと

ブロンドヘアの女性が日本語で紹介するCMが印象的な「trivago」。
このゴールデンウィーク中も何度もCMを見かけることがありました。

WEBマーケティングの勉強をすると、集客の方法として
テレビCMをうつ、というのがありますが、
課金で儲けるゲームアプリ以外では見かけることは多くありません。
予算規模が大きいために二の足を踏むサービスもあるでしょう。
逆に「trivago」はテレビCM以外のプロモーションをほとんど見かけません。

調べて見た所、これは本国の方針として最もテレビCMが認知に効果的な
広告手法だと、ある意味効果測定みたいなことを諦めて実施しているようです。

プロモーション施策を絞ってしまえば、効果測定は簡単ですし、
WEBプロモで必要な集計工数も省けます。
(おそらくCM放送時間とサイト訪問者数くらいの比較はしてると思いますが)

WEBプロモーションはCVRなどをツールを使って追いかけるというのが
当たり前になっていますが、「trivago」の割り切りはなるほどと思いました。

初めまして

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
30代のWEBプロデューサー、山口です。
今回、はてなブログを始めることになりました。

なぜこんなブログを始めることになったか。
今は会社員として、WEBサービスの提供をしていますが、
ゆくゆくは独立したいと思っています。

字数制限があるTwitterではなく、実名前提のFacebookでもなく。
いずれは下の名前も明かせると思いますが、
まずは苗字だけでご容赦ください。

基本的には仕事にまつわる話を週1回くらいのペースで更新します。
みなさんと議論できるのを楽しみにしています。